ニュースリリース

ニュースリリース

ニュースリリース三田市(兵庫県)と「温室効果ガス等の排出抑制に向けた電気自動車等の普及促進に関する協定」の締結式を執り行いました。

2018/06/12

2018年6月12日(火)、ファブスコと子会社であるイーファシリティは、三田市(兵庫県)と「温室効果ガス等の排出抑制に向けた電気自動車等の普及促進に関する協定」の締結式を執り行いました。

三田市は、「第3次三田市環境基本計画」の重点プロジェクトとして、温室効果ガスの排出抑制に向けた電気自動車およびプラグインハイブリッド自動車の普及促進を図るため、公共施設等への急速充電器の設置を推進しております。

ファブスコおよびイーファシリティは、三田市と協定を結ぶことで、インフラ整備にかかる費用負担の抑制、電気自動車等の利用促進に向けた市内外へのPRなど多面的な協力を行い、温室効果ガスの排出抑制に向けた取り組みを推進して参ります。

締結式
▲写真 三田市長 森哲男様(中央)、ファブスコ株式会社 代表取締役 江藤邦彦(右)、株式会社イーファシリティ 代表取締役 田島彰洋(左)

dot

ニュースリリース日本初の商業施設・自治体施設向けカーポート型の太陽光発電PPA事業をスタート

2017/11/24

ファブスコ株式会社は、オムロン株式会社(京都府京都市)と株式会社NTTスマイルエナジー(大阪府大阪市)と連携し、商業施設向けに当社が開発したカーポート型の太陽光発電を活用した日本初の商業施設や自治体向けの第三者所有太陽光発電電力販売事業(ソーラーPPA)を、2017年(平成29年)11月より開始します。
第一号案件として、熊本県阿蘇市(佐藤 義興 市長)の市が所有する施設4ヶ所に合計出力48.6kWのカーポート型太陽発電を設置します。
今回は、災害時に自治体が避難所指定している施設であるものの、非常用発電設備を準備していない施設が多数ある現状と、今回開発したビジネススキームがマッチングしたものにより、避難した市民に電力を供給し、情報端末や電気自動車などを充電したり、調理器具等を使用したりすることができます。

今回使用するファブスコが開発したカーポート型太陽光発電は、国土交通省から認定(DW-0131)を受けた防耐火性のもので、水平震度1.0h(震度7相当)に耐応できる設計になっており、非常に堅牢なものです。

ファブスコの新サービスの流れ 従来の太陽光発電の設置には、消費者がシステムを現金や割賦で購入、所有していましたが、当社のソーラーPPAモデルの場合、PPA事業者が第三者から資金を調達して消費者の敷地に設置し、太陽光発電設備が発電した電力のうち消費者が使用した分だけを電力会社が販売する電力料金とほぼ同等の価格で、PPA事業者から買い取るものになり、実質無料で避難所の整備や非常用電源の確保をすることができます。従来の購入モデルや屋根貸しのモデルとは大きく異なります。
太陽光発電の導入者は大きな費用負担が無く、修理やメインテナンスに煩わされずに、クリーンな太陽光発電の恩恵と非常時の電源確保の恩恵を亮受できます。

これは、FIT(太陽光発電固定買取価格制度)が無いアメリカで太陽光設置の6割以上のシェアを持っているビジネスモデルで、FITに頼らない再生エネルギーの普及方法として日本でも期待されており、金融機関から資金調達する事業としては当社が日本で初めてとなります。
今回の阿蘇市の案件は、ファブスコの子会社の株式会社イーファシリティが、いよぎんリース(愛媛県松山市)からのサブリースにより実施され、当社は今後あらゆる金融機関の協力を得て全国展開を図ります。

このモデルは屋根貸しモデル等とは違い、電力売買を伴うので、電力購入契約(Power Purchase Agreement)PPAと一般的に呼ばれます。
米国住宅用太陽光発電市場は過去4年連続で50%の成長率を続け、2014年から非住宅用(産業・商業)市場規模を上回るまでになりました。
急成長した代表的な企業としては、テスラモーターズが大株主である⽶ソーラーシティ社などがあげられます。

当社は、西日本最大の200基以上の電気自動車用急速充電器を各都道府県に設置しており、様々な自治体に出入しております。よって今後の展開として、このカーポートに電気自動車の充電器を後付けで設置し、平常時はEVの充電施設、災害時は自治体が所有するEVに太陽光で充電した電気を活用した、移動式の災害対策車(電気供給車)等の基幹ステーション等としてもこのカーポートを活用していきます。

当社は、今後3年間で20MWの設置を目標としています。

dot

ニュースリリース大阪市とエコカーの普及促進による温室効果ガスの排出抑制等に関する協定を締結します。

2017/10/26

ファブスコと子会社であるイーファシリティは、大阪市と「電気自動車(EV)などエコカーの普及促進による温室効果ガスの排出抑制等に関する協定」を締結するため、平成29年10月30日(月曜日)に大阪市環境局 応接室にて、協定書締結式を執り行いますのでお知らせします。

大阪市では、公用車へのエコカー導入や市関連施設へのEV用充電設備の設置が進められており、平成29年3月に改定された「大阪市地球温暖化対策実行計画」でも、EV等エコカーを2020年度に11万台普及させることを目標としています。(2015年度末の普及台数は約8万台)

このたび、ファブスコと子会社であるイーファシリティは、大阪市の環境施策に協力することについて連携協定を締結し、充電インフラの一層の充実や、エコカー普及に向けた取り組みを進めてまいります。

■大阪市 報道発表資料
http://www.city.osaka.lg.jp/hodoshiryo/kankyo/0000414379.html

dot

ニュースリリース『エネショップ』充電会員サービスをスタート!

2017/04/23

ファブスコ株式会社は、2017年4月23日(日)から『エネショップ』充電会員サービスをスタートしました。

ファブスコでは、これまでに「エネショップ急速充電スタンド」を、西日本の道の駅を中心に110基を設置してまいりました。この「エネショップ急速充電スタンド」を、EV・PHVユーザーに手頃な料金で充電していただける会員サービスを提供し、「エネショップ急速充電スタンド」設置や提携充電スタンドの拡大と併せて、充電インフラを整備してまいります。

エネショップ公式サイト

■エネショップ「充電会員サービス」とは
「充電会員サービスにかかる月会費等の基本料金が高く感じる」というEV・PHVユーザーの声にお応えして、今までにない「年会費」という新しい料金プランでご提供する充電会員サービスです。

エネショップの年会費は4,800円(税別)、エネショップ会員の充電料金は20円/分(税別)。ビジター利用(年会費登録をしない場合)の充電料金は、30円/分(税別)です。外出先でのEV・PHVの充電が月1〜4回と、充電の頻度が少ない方に丁度良い料金プランとなっております。

ただいま、一般会員のご登録を受付中です。詳しくは、「エネショップ」をご覧ください。 [外部サイト]

dot

ニュースリリース「Smileport(スマイルポート)」新発売
~堅牢性と高出力、価格設定を高次元で融合した“発電するカーポート”~

2016/11/01

西日本を中心に、太陽光発電設備や電気自動車の充電設備の専門商社であるファブスコ株式会社(本社:福岡県福岡市、代表取締役:江藤 邦彦、以下、ファブスコ)は、主に戸建住宅向けで商業施設等にも対応した太陽光発電システム搭載カーポート「Smileport(スマイルポート)」を2016年11月1日に発売し、販売代理店の募集を開始します。

新商品の「Smileport(スマイルポート)」は、堅牢性と価格設定を高次元で両立したフレームに、太陽光パネルを搭載した発電するカーポートです。その第一弾として発売する今回の商品は、2台分の駐車スペースを確保しながら、住宅への電源供給や売電にも活用いただける定格出力5.1kW(国内最大級)を実現しています。

国内生産の堅牢性の高いカーポートベースフレームに、実績豊富な東芝製の太陽光パネルと国内トップシェアのオムロン製パワーコンディショナーを組み合わせることで、フレーム・機器をすべて日本メーカーで統一し、信頼性が高くしかも非常に安価なカーポートを発売します。100Vの防水コンセントを標準装備していますので、電気自動車やプラグインハイブリッド車への充電が容易で、様々な用途にご利用いただけます。また、堅牢性に優れているため、災害時の一時避難スペースとしての活用も可能で、停電時でも太陽光で発電される電力を利用する事が可能です。また、専用アタッチメントを利用し200V電気自動車充電器が容易に取り付け可能です。

「Smileport(スマイルポート)」はオプションも充実。建物の外観に美しく調和するウッドパネル、電気自動車・プラグインハイブリッド車用200V充電器、人感センサー付LED照明、発電量を監視する「エコめがね」などを組み合わせる事が可能です。

今後の展開としましては、さらに意匠性を追求したモデルなど、「Smileport(スマイルポート)」のラインナップ拡大を予定しております。年間2,000基の受注を目指しております。

Smileport ■ Smileport(スマイルポート/2台駐車用)
  • ・型番:SPS2-H
  • ・定格出力: 5.1kW=255W×20枚
  • ・屋根サイズ:W6615×D1980×H2874(mm)
  • ・柱間サイズ:W5378×D3498(mm)
  • ・発売日:2016年11月1日(火)


【「Smileport(スマイルポート)」の特長】

[1] 災害時の一時避難を想定した高い堅牢性と低コストを実現
国内大手メーカーと共同開発した、耐風圧強度:風速38m/s、耐積雪:40cm に耐える堅牢性の高いカーポートベースフレーム。停電時は、パワーコンディショナーの自立運転機能で電源を確保でき、独自設計で電気自動車の充電にもご使用できます。

2台駐車できるカーポートとしては定格出力5.1kW と国内最大級。この性能を確保しながら大幅なコストダウンを実現しました。また、設置工事も2人の作業員が特殊作業車を使わずに約2日間で施工できるため、工事費も安価に抑える事ができます。よって、他社同等製品に比べ、トータルでお求めやすい価格を実現しました。

[2] 駐車台数のバリエーションも豊富で商業施設にも対応
拡張性を考慮した設計で、住宅のみならず商業施設などの大型駐車場にも対応できます。

[3] 安心の国内メーカー
ベースフレーム・太陽光パネル・パワーコンディショナーをすべて国内メーカーで統一していますので安心してお使いいただけます。

[4] 10 年目の無償点検
ご購入いただいてから10 年目に発電状況の定期点検を無償で行います。

[5] 充実したオプション
・建物の外観に美しく調和する「ウッドパネル」
・環境に優しいEV・PHEV ユーザーのために、充電器を容易かつ安価に取り付けできる「専用アタッチメント」
・人の動きに反応し、自動点灯や自動消灯する「人感センサー付LED 照明」
・NTT スマイルエナジーの監視システム「エコめがね」で「優先給電ルール(出力抑制)」の対象地域の方でも設置が可能。
・その他、豊富なオプションを取り揃えています。

■詳しくは『Smileport(スマイルポート)』ページをご覧ください。

dot

ニュースリリース新商品発売延期のお知らせとお詫び

2016/10/26

お客様各位

謹啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別なるお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、2016年10月27日にリリースを予定させていただいておりました弊社新商品「太陽光発電搭載カーポート」につきまして、リリース日を延期とさせていただくこととなりました。

リリース直前のご案内となってしまい、お客様始め関係各位には多大なご迷惑をおかけいたします事、心よりお詫び申し上げます。

予定通りのリリースに向けて準備を進めてまいりましたが、より良い品質で製品をお届けできるよう製品設計の一部につきまして改良させていただきます。

変更後のリリース時期につきましては、2016年11月1日を予定しております。
何卒ご理解頂きますよう宜しくお願い申し上げます。

2016年10月26日
ファブスコ株式会社

dot

ニュースリリースファブスコ株式会社は、『ZEHビルダー(既築改修)』に登録しました。

2016/08/30

ファブスコ株式会社は、 一般社団法人 環境共創イニシアチブが公募しております『ZEHビルダー(既築改修)』に登録しましたのでお知らせいたします。

ファブスコでは、2020年(平成32年)までのZEH普及率目標を50%以上と定め、その普及に努めるとともに、地球環境の保全と、お客様の快適な住環境の実現に貢献して参ります。

■ファブスコ『ZEH目標公表資料』

dot

ニュースリリースモリテックスチール「EV/PHV用ケーブル自動巻取り式充電スタンド MEVS-02」の取り扱いを始めました。

2016/08/03

ファブスコ株式会社では、モリテックスチール「EV/PHV用ケーブル自動巻取り式充電スタンド MEVS-02」の取り扱いを始めました。

MEVS-02

■詳しくは『商品紹介』ページをご覧ください。